AGAを改善するのに役立つミノキシジルとデュタステリド

病院でAGAの治療を受ければ、薬が処方されることが多いです。今まであればミノキシジルが一般的でしたが、現在新しく認可(2015年9月)されたものとしてデュタステリド(商品名はザガーロ)がでてきています。

ミノキシジルは、頭皮の血行を促進する効果が期待されており、AGAの改善に役立ちます。デュタステリドは、脱毛の原因になる男性ホルモンから変化する物質を抑制するので、抜け毛を防ぐ効果があると言われています。

もちろん、医師から処方されれば両方使えばいいですが、デュタステリドはごく最近認可されたものになりますので、使えるかどうかはしっかりと相談することです。

医師

AGAは人によって原因が違うことが多く、デュタステリドが役立つケースもあれば使用しなくても問題ないこともありえます。あくまでも抜け毛を抑える効果が期待されているものです。デュタステリドを使用したからといって、すぐに髪の毛が生えてくるわけではないです。

簡単にいえば、ミノキシジルは血行を促進する効果があり、デュタステリドは抜け毛を防ぐ効果があるといえます。AGAは抜け毛が多い状態だけではなく、髪の毛が生えにくい状態もあります。

それぞれの状態によって、処方される薬は変わってきますので、医師からの説明をきちんと聞けば問題ないです。AGAは治療することができますが、適切な薬を使うことが重要になってきます。

ミノキシジルは、市販されているリアップX5、リアップジェットなどに使われていますが配合量などに気をつけておくことを忘れてはいけません。デュタステリドは、認可されたばかりですので市販されている薬に使われる可能性は低いです。そのため、発売当初は銀座総合美容クリニック(銀クリ)のようなAGAクリニックのみで処方される形になるはずです。

どちらも、過剰に使ってはいけないことはこれからも変わらないといえます。AGAを改善しやすくなる可能性は高くなっていますが、継続的に使用しなければいけません。

薬を使った治療方法は間違いではありませんが、健康状態をよくしておくなど当たり前のことをきちんとすることも重要です。AGAは、早い段階で治療を受けたほうがいいです。

圧倒的に今季ナンバーワンドラマは「問題のあるレストラン」です

毎週木曜10時、フジテレビで放送されている「問題のあるレストラン」が面白い。

レストラン

今まで色々なドラマを見てきたけれども、こんなに人間味のあるドラマは見たことがなかった。

主演の真木よう子さんと相手役の東出さんは、失礼ながらあまり演技がうまいとは思えません。
ただ、脇を固める豪華な俳優人の魅力と、その俳優さんが演じるキャラクターの細かく作りこまれた設定がすばらしいんです。

1話に1度、泣けるエピソードを盛り込んでいるのですが、それが「ホロリと泣ける」ではなく「号泣レベル」。

ストーリーはパワハラやモラハラに真っ向からむかったお陰で社会から外れてしまった女性たちが、自分たちが幸せになることで相手を見返そうというもの。

脚本を書いている方が男性というのも驚きで、よくもこんなに女性目線に立ったストーリーを考えられるものだなと、毎回感心しています。

更にそのストーリーの中でジワジワ来るのが、キャラクターたちの恋愛模様。

もちろん主役の真木さんと東出さんが恋愛ストーリーの中心にあるのですが、個人的に注目しているのは菅田将暉さんの演じるチャラ男の「星野」と、二階堂ふみさんの演じる真面目一辺倒「新田さん」の恋愛。

ヒモ状態で同棲している彼女がいるのにあっさり新田さんに手を出した挙句、10万で彼女を売る、しかも反省していないという星野が先週の新田さんからの伝言に心を動かされ、彼女と別れて改心した様子。
でも「もう興味がありません」と冷たく言われて、撃沈。

今までは新田さんから星野をおいかける展開だっただけに、ここからどうなるのかが楽しみです。

というかこれで終わらないでほしい、みんな幸せになる展開を期待がふくらみます。

来週からはいよいよストーリーも佳境に入り、そろそろYOUさんの弁護士姿も見られそうです。
最終回に向けてあと少しなのが本当にもったいないです。残り少ない「門レスタイム」を大切にしようと思います。

春休みの旅行の準備をスタートした@まずはチケットの手配です

飛行機

年度末を迎えた今日。「終わりよければすべてよし」と言われることもあり、みんな気を引き締めてしめくくりをしておられます。

私は・・・というと来年度から携わるお仕事に胸がそわそわしていますが、今はそれより春休みの計画に毎日忙しくしております。
実は家族で岡山旅行を考えているんです。

なぜ岡山?と聞かれると答えは単純。以前岡山に住んでいたのでお友達に会いに行きたいのです。

今はどうやって(何を使って)岡山に行くか。
今は関東の住人となっていますので手段はたくさんあります。
まず新幹線。こちらは定番ですね。
大人一人で片道約1.7万円くらいします。(往復割を使うと1.5万)
時間は3時間とちょっと。
予約はしなくても直前でも乗れると思います。

次に飛行機。
28日前までの予約で適応される早割を使えば、大人一人1.4万円くらいです。
こちらは1時間20分で行けますが、チェックインの時間や、岡山空港から岡山駅までのバスの時間を考えると2時間強といったところでしょうか?

高速バスというのもありました!
さすがこれは安い!!
私一人の移動なら飛びつきます!!
約9時間の乗車にはなりますが、最安値(もちろん早割)で0.5万円ほど。
たいていのお店の開店時間よりはやい7時前到着になります。

そして、寝台列車。
東京から岡山を通って出雲に行く サンライズ出雲 と、同じく東京から岡山を通って高松に行く サンライズ瀬戸 が利用できます。
こちらは「夜行」ですが料金はそれなりにします。
大人一人1.4万円ほど。
時間は約8時間。

また、青春18きっぷという手。ちょうど春休みが利用期間になるのでありかもしれません。

5枚つづりで約1.2万円。
しかし、どなたかが試算してくれた予測時間だと東京ー岡山は11時間半。

他にも往復チケット(新幹線か飛行機)と宿にするとお安いプランなどもありましたが、こちらは子供の設定がわかりにくく、私が利用したい人数では難しいようでした。

私が選んだ交通手段は寝台列車でした!

せっかくだから思い出に残るようなもので!と思って的を絞ったのですが、こちらの寝台はなかなかの人気列車のようで学生の休みの時期には特に入手困難なのだとか。
全国一斉発売でマニアの間では『10時打ち』と呼ばれる発売直後・・いや発売と同時に窓口の方にチケットを取ってもらう(窓口からしか購入できない)ことが必要なようです。

昨日近くの駅のみどりの窓口に出かけてやってみましたが結果は・・・撃沈。
行きの予約が取れなかったのであと数日したら帰りの分で試してみたいと思います。
はぁ。

まだしばらくは春休みの準備はかかりそうです。

麻婆豆腐を市販のレトルトソースで作るときのレシピとコツ

ひとりゴハンの時には丼ものがボリュームもあって食べ応え十分なので、メニューに登場することが多いです。

洗い物も少なく、片づけも楽なのがメリットのひとつです。
挽肉は冷凍保存しておけば便利なので、冷凍庫にいつも1、2パック入れています。
私の場合はそのまま冷凍庫へ入れるのが常なので、そうなると空気に触れることになるので、鮮度が落ちていってしまうのが早いと聞きました。

麻婆豆腐

ジップロックなどの密封式で保存するのが良いそうなのですが、毎回入れ替え作業をするのは億劫ですし、ジップロックなどの保存袋も多めに用意する必要があるので、コストもかかります。

そのため、パックのまま冷凍する代わりに、1週間から10日以内に使い切るようにしています。
材料は挽肉の他に、ネギや生姜のみじん切りを加えます。

スパイスもレトルトなので入っているのですが、こうして足してみるとおいしさが増すので、ちょっと面倒ですが、毎回用意しています。

ネギは予めみじん切りしてパックに入れておくとよく使うものなので楽ですし、しょうがはすりおろして瓶などで保存すれば数日はOKなので、余裕があればこのような具材を事前につくっておくのもいいと思います。

豆腐は、木綿豆腐の方がカルシウムが多いので栄養価的にはおすすめなのですが、口当たりという点では絹豆腐の方がよいので好みで選べばよいと思います。

豆腐はざっくり切って、さっと茹でておき、混ぜる直前までそのままの状態にしておきます。
こうすると、もっちりしたみずみずしい豆腐の食感を楽しむことができます。

レトルトは美味しいものを探してみると、出来上がるのが楽しみになりますし、ふるまう人へも喜ばれます。
手早く調理でき、肉も入っているのでメインのおかずにぴったりです。
ごはんと分けて出すのが普通ですが、私は丼ものにしても食べやすいかと思います。

なつかしい!おいしい鈴カステラに出会いました

昔ながらのおやつというとどんなものが思い浮かびますか?

私は麩菓子やラムネ、麦チョコなどを思い浮かべます。駄菓子屋さんで見るものばかりですね。昔ながらのおやつって素朴でなつかしい感じがして趣があるのですが、「これはおいしい!!」「人に薦めたい!」と思うものって意外と少ない気がします。

でも!昨日、出会ったんです!

そしてそれは、実は私のあまり好みでない類のものだったんです。
一見素朴な昔ながらのおやつ、鈴カステラ。

しかしこれはただの鈴カステラではありませんでした。「練乳鈴カステラ」なのです。

カステラ

普通の鈴カステラはカステラ生地の外側に細かいグラニュー糖がまぶしてあるものだと思うのですが、おすすめしたい「練乳鈴カステラ」は文字通り練乳を使っています。グラニュー糖のかわりに練乳で全体を覆っています。(たぶん生地の中に

は練乳は使われていないと思います)たったこれだけの違いで食感がまるで違う!!
練乳コーティング部分の歯触りがさくっと感を生み出していて、心地よい!

しかも全体コーティングの効果なのかカステラ部分もパサつきが少ないと思います。
あっという間に一袋完食。
止まらないおいしさです。

この「練乳鈴カステラ」にとても感銘を受けていろいろ調べてみると、こちらの会社、鈴カステラ業界(?)ではパイオニア的な立ち位置にあるようです。

私と同じようにこの練乳鈴カステラを推す人ももちろんいましたが、某コンビニのおやつとして別バージョンも販売しているようでそちらも愛好家が多い様子。(もしかしたら名前が違うだけで同じものかも)
コンビニは何かの支払いくらいしか立ち寄らなかったのですが、今度行くときは是非買ってみたい!いや、わざわざ買いに行かなくては好奇心が治まらない。

他にもまた別バージョンの鈴カステラの存在もあったりして、こんなに鈴カステラの世界が広がっているものだとは知りませんでした。

「そんなに好きじゃなかった」鈴カステラを一気に「お勧めしたい」とまで思わせる商品。
かなり魅力的でした。
思いがけないこんな出会い、また経験したいです。

武蔵小杉のグランツリーに行きました!

先日、武蔵小杉にできたグランツリーに行ってきました。

武蔵小杉といえば、高層マンションに次ぎ、東急スクエアやららテラスとどんどん開発が進んでいる街です。
電車もJR横須賀線、JR南武線、JR湘南新宿ライン、成田エクスプレス、JR東海道本線、特急踊り子、東急東横線、東急目黒線と沢山の路線が通っています。

通勤や移動、ショッピングにもとても便利なところですね。

さて、今回できたグランツリーですが、約150店舗も入っている大型ショッピングモールです。

買い物

正面口を入るとそこは今までの武蔵小杉のお店とは大きく違い異世界を思わせる内装、広々とした空間、4階まで続く高い吹き抜け、圧倒されました。

想像をはるかに上回っていました。
入っているお店もおしゃれなお店ばかりです。

BEAMS、URBANRESARCH ROSSO、john masters organic、Unico等々…。

お店を回って見ていて武蔵小杉近辺にお住まいの方は都心や横浜まで出る必要がないのではと思いました。

ファミリー世帯にも嬉しいお子さんが遊べるスペースや屋上庭園、アカチャンホンポも充実しているようです。
また、フードコートやおしゃれなカフェ、レストランも沢山ありました。

今回著者はあまりの広さに回りきることが出来なかったのでまだまだ知らないところがありそうですが、
これからの武蔵小杉に期待が高まりました。

お近くにお住まいの方はぜひ1度足を運んでみてはいかがでしょうか。
著者も再度行ってみようと思います。

英語の勉強等に役立つ英字新聞サイトの紹介

The New York Times(ニューヨークタイムス)のサイトは、白を基調としたレイアウトで、ニューヨーカー気分で読めるので最近のお気に入りです。

英字新聞

写真も斬新なものが多く、小さく表示されていてもはっと目を惹くものが多いです。

世界の経済や政治はもとより、映画やアートなど様々な分野を網羅しています。
先日見ていたら、日本の猫やウサギがいるカフェの話題があったので驚きました。

さすがアンテナの感度が高いなと思わせる記事でした。
自分がもし海外在住だったら、こういった小さな話題でもほっこりしてしまうだろうなと思います。
英語の勉強にも、英字新聞は最適だと思います。

TOEICなどに頻出する単語や熟語も多く使用されているので、英文の記事を読み進めるうちに自然に何度もそれらに触れるので、頭に入りやすくなると思うからです。

専用対策本も効果的ではあると思うが、ナチュラルな英語に触れるのはメリットが高いと思います。

最もお勧めなのはやはり経済や政治の分野ですが背景を知っていないと読む勧めるのがつらくなってしまう場合もあるので、興味のあるジャンルであれば比較的読みやすいのではないかと思います。
例えば、映画に興味があるのなら、レビュー記事などがお勧めです。

日本のレビューとは違った視点で書かれているので、新鮮な気持ちで読むことができます。
1回1記事を毎日続けていくだけでも、次第に英語力アップにつながる効果が得られるのではないかと思います。

可能ならば複数の英字新聞サイトをチェックし、自分のお気に入りのサイトをブックマークしておくといいと思います。

ちょっとサボるとお肌がカサカサになる乾燥肌です

冬は空気が乾燥すると言われており、寒い季節で暖房器具の使用が増えるのと相まって火事に気をつけるように言われます。

乾燥注意報などの発表もありますが、空気中の見えない湿度は湿度計などを見ないと具体的に意識することはありません。

それでも体感としていちばんわかりやすいのが、手や肌がかさかさと乾燥することではないでしょうか。

夏場は特に意識してケアしなくても問題ないのですが、冬になると急に指先のささくれができたり、かさかさと白くなってしまいます。

スキンケア

肌の乾燥も、ゆっくりと季節とともに変化しているのだと思いますが、症状が出てくるのはいつも突然です。
乾燥によって痒くなったり、痒くなったところを掻いてしまい白くかさかさしていることを発見すると、早くケアしなければと思います。

冬の肌の手入れは丁寧に、そして欠かさずにしっかりと根気よくしていかなければなりません。
仕事などで忙しかったりしてついついサボってしまうと、あっという間に症状が出始めます。

症状が出てからケアし始めても、しっかりと治るまでに思っている以上に時間がかかるのは、誰しもが経験しているのではないかと思います。

ちょっと面倒に感じる時もありますが、本当に乾燥している冬のピークの時期に手抜きはできないようです。

マメにしっかりとお手入れをして、なんとかこの季節を凌いでいきたいものです。
最近は花粉が飛び始めるのも気になり始めました。

目のかゆみや鼻のむずむずでティッシュをよく使うと、カサカサに乾燥しがちなので、念入りにケアしなければなりません。